ポイント改悪の後の選び方は?

クレジットカード

以前は還元率のランキングを見ればどれがお得な力-ドか一目でわかりました。

 

しかし、どの力-ドもほば同じ還元率(1%程度)になってしまった今、還元率を基準にした力-ド選びができなくなりました。

 

そこで、利用機会が多くポイントの貯まり易く、競争が激しい業界なので、サービスがどんどん向上している、交通系、流通系、通信系(含、ネット系)の3通カードがおススメです♪

 

税金の納付でもポイントを貯められる!

国税 クレジットカード払い

国税の支払いがカードでできます。

 

税金の納付でもクレジットカードのポイントを貯められるのが、国税のクレジットカード納付制度です。   

 

サラリーマンの給与天引きの所得税はダメですが、贈与税や相続税、自動車重量税などが対象になります。

 

事業主なら消費税、酒税、たばこ税、石油税など、あらゆる税金が対象になります。

 

クレジットカード払いなら、当サイトで紹介している通りのポイントやマイルが付くので、是非利用してください。

お得になる決済手段、「クレジットカード」

クレジットカード

「クレジットカード」と聞くと、どんな事を連想しますか?

 

「借金」とか、「ローン地獄」とか、「自己破産」とか、
消費者金融(キャッシング会社)に対するような
マイナスのイメージを持ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

また、ビクビクしながら(笑)
クレジットカードを使っている人もいるのではないでしょうか?

 

カードというのは、高額な買い物をするときに使うものだとか、
現金が少ないときのお守りだと思っている人が、「クレジットカード」を
マイナスのイメージでとらてるのかも知れませんね。

 

しかし、クレジットカードをうまく活用するとこれほど便利で、お得になる決済手段はありません。

少額でも利用OK

コンビニ

コンビニで100円のおにぎりをカードで払う。
サイン不要なので、びっくりするほどスムーズ。

 

店員さんも嫌な顔ひとつせず、
お釣りを渡す時のミスがなくなりニッコリ^^

 

現金払いが減ってお財布の中身もダイエット。

 

何回もATM行く時間や手数料も節約できる。


送られてきた利用明細書をファイルすれば、
そのまま家計簿に早変わり。

 

などなど、様々なメリットがあるのが、「クレジットカード」なのです。

「クレジットカード」の選び方からお得な活用術、紹介・比較など多彩な情報を!

クレジットカード

当サイト「クレジットカードの宴(うたげ)」では、

 

 ・普段使うのカードは2枚。
 ・海外旅行には合計3枚。
 ・ライフスタイルに合った提携力-ドを選ぶ。
 ・電話料金のような
  毎月の支払いを力-ド払いにする。
 ・家族カードを使って世帯でポイントを集中させる!
 ・借りたいときは
  「短期キャッシング」「カードローン」を使う!

などのカード選び方からお得な活用術から

 ・ポイントを20倍にする!
 ・1万マイルがすぐ貯まる!
 ・鉄道運賃が30%オフになる!

 

など、使えば使うほど得をするクレジッカードの合法的な秘技を伝えます!

 

そして、様々なカードの紹介・比較を行って、皆様の生活の豊かさを応援します♪

国税のクレジットカード納付以外の新制度 (参考まで・・。)

①個人型確定拠出年金改正法の施行
これまで対象外だった公務員や主婦も入れるようになります。

 

主婦は、第3号被保険者としての公的年金だけではなく、企業年金のないサラリーマンと同様に年額27万6000円まで個人型確定拠出年金を掛けられます。

 

公務員や企業年金のみの会社の社員の拠出額は、年額14万4000円が上限となります。

 

 

②医療費控除の特例
医療用から転用されたスイッチOTC医薬品品を購入したときに、その費用の所得控除を受けることができる制度です

 

商品例:

  • ウナコーワエースG
  • やエアーサロンパスDX

 

年間購入額が1万超えた分の金額が1万2000円を超えた場合、超えた分の金額が課税所得から控除され、上限は8万8000円です。

 

 

③雇用保険の適用拡大
雇用保険の適用から外れていた65歳以上の雇用者も、2017年1月1日から雇用保険の対象になります。

 

65歳まで働いてから辞めても失業給付(高年齢就職者給付金)がもらえますし、介護休業給付も使えます。

 

介護給付は、これまでの1回から3回まで分割して取れるようになります。
親の介護をしている人もいるでしょうから、利用したい制度です。

 

 

④育児介護休業法
育休は、これまで子どもが1歳に達する日から1年以上の雇用継続が条件でしたが、条件が半年以上へと期間が短くなります。

 

 

免責事項

※お申し込みをされる際は、各クレジットカード会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。
更新履歴